宿泊管理システム(PMS)

フロント、清掃、収益管理
スイスイ終わる

ホテルマンの声を集めて作られたPMSは、
使いやすさにこだわったデザイン設計で、誰でも簡単に使い方を学べます。
新しいスタッフもすぐに即戦力に。
言語は、日本語・英語の2言語対応で外国人スタッフにも優しい設計。

Wasimil
Wasimil
wasimil
宿泊管理システム(PMS)

WASIMILが提供する宿泊管理システム(PMS) があれば、ニーズや現在の宿泊市場環境に最適 化されていない使いにくさをともなった既存システ ムの問題点を解決できます。
複数会社からのホテ ルシステムを手動で管理し、同期しても動かない ツールや、その結果発生するエラーや非効率性と さよならしましょう。
WASIMILでは、すべての 機能が連携しており、正確で最適化されたリ アルタイム・データをホテルオーナーやホテルス タッフが迅速に利用できるようになります。

宿泊管理システム(PMS)

PMSを自社仕様にカスタマイズ

各組織に合う形へPMSをカスタマイズできます。
各ホテルシステム機能は、お客様のニーズに合 わせて調整可能で、それぞれのワークフローに 合わせて、どの機能を使用するか選択できます。
プロセスを最適化でき、作業効率もコスト効率 も高いシステムです。

wasimil
wasimil
ユーザー中心設計

誰でもすぐ使える

WASIMILは、複雑な初期設定も専門的 なトレーニングも必要としません。
ホ テルスタッフが直感的に理解して簡単 に操作できるインターフェイスを設計 しました。
清掃、フロントデスク、マ ネージメントチームどの立場でも、 WASIMILのPMSは各部門の業務に融合 できるように構築されています。
各部門が協力して生産性を高め、宿泊ゲストとの 関係を深める時間を増やせます。

権限の割り当て.

ユーザーごとに、各機能へのアクセス 権限をカスタマイズすることができま す。
各スタッフ自身のタスクに集中で き、また責任と権限の所在を明確にで きます。

業務が一目でわかる

一目で理解できるように設計された業務ダッシ ュボードにより、リアルタイムで業務動向を 把握できます。
フロントデスクは常にゲストの 到着数を把握できます。
清掃担当者へは、退去 後の部屋の状態を常に把握できるので、時間 管理や業務効率を改善できます。
飲料部においても、朝食に何人の宿泊ゲス トが来るかを 把握できれば、購買予測を立 てたり在庫を管理できます。

データを一元化

収集したデータを活用しましょう。
宿泊ゲストのプロフィール、料金、部 屋の状態や空き状況などの重要な情報を 一元化して1つの場所に保存・管理します。

クラウド型

収集されたデータはクラウ ドシステムに保存され、PMSと の同期が維持されるため、リア ルタイムすぐに情報が利用でき ます。
自身での更新作業は不 要です。
すべてのデバイスが同 時に更新されるため、組織全体 の調整が容易になります。

レポートと分析

データは取りまとめて分析し 示唆を得なければ、いくら蓄 積しても無意味です。
そのため、 貴重なデータを活用し経営に活か せるように管理システムを設 計しました。

  • フィルターやタグを使用すると、必要なも のを簡単に見つけることができます。
  • 多様なグラフでデータと統計を表現し分析します。
  • 財務レポートと運用レポートが自動生成され、傾向を見つ けだし、問題点を特定できます。
    潜在的にある問題の芽を摘み取りましょう。
  • wasimil
    wasimil
    より深いつながり作りへ

    ゲストのエクスペリエンスを向上させる ためにPMSを活用しましょう。
    バックエ ンドのホテルオペレーションからチェッ クアウトに至るまでゲストとの接点をと らえられるPMSにより、ゲストをローヤ リティの高い顧客へつながりを深め ていけます。

    ホテルでの滞在を印象的で有意義なものに するためには、多額の資本投入やマーケテ ィング費用は必要ありません。
    パーソナ ライズされたサービスとおもてなしが、結果 としてリピート顧客を生み出し、またゲスト からの紹介での宿泊客を獲得します。
    最終的 には最小限のコストで収益を改善す ることができます。

    ホテルシステムWASIMILのβ版に事前登録しませんか?

    ホテル運営に必要な機能を統合し、ひとつのホテルシステムで実現しました。WASIMILを使えばひとつのホテルシステムで完結するので、中小ホテルの皆様のオペレーションコストを減らし、生産性を上げていきます

    事前登録をいただける皆様には、ホテルシステムWASIMILのローンチに関する情報やβ版へのご招待について、今後ご連絡をいたします。